review_hasegawa_topbanner

友人と遊びに行く予定を立てて、ウキウキなGW !!皆様いかがお過ごしですか?家族・恋人と旅行やレジャーに行かれる方、お家でゆっくりと日頃の疲れを癒す方、そして映画館に行かれる方…。どのシーンでもたくさんの作品に触れる良い機会ですので、このGW是非映画をお供に!!

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/イラスト・カード付) [Blu-ray]
では早速、今月1作品目をご紹介いたします。2017年公開、アンディ・ムスキエティ監督作品

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

です。
スティーヴン・キング原作で、1990年に一度、ミニシリーズとして放送された作品のリブート版です。ホラー映画が好きな私にとって、超期待の作品でした!
とある街に立て続けに起こる子供たちの失踪事件。ある日、ビルの弟ジョージーが行方不明となる。もうすぐ夏休みに入る頃、不良少年に目の敵にされていた、いじめられっ子グループのビル、ベン、ベバリーを含む7人は、ジョージーを助けようと必死にその事件の謎を探る。やがて事件の背後に潜むピエロの存在に辿り着く。その中で、それぞれ悩みを抱えた子供たちが、少しずつ恐怖に立ち向かう勇気を得ていく。
演じられているのは、ビルを田谷隼さん、ベンを田村睦心さん、ベバリーを近藤唯さん、ジョージーを宇山玲加さんです。そして不気味なピエロ、ペニー・ワイズは多田野曜平さん!! 怪しいです…。
ついつい旧作品と見比べてしまいますが、あの何とも言えないピエロの姿は、テレビシリーズ・映画共に、やはり異様な怖さがありますね。さらに、雨の使い方が更なる恐怖心を煽ります。ちょっと怖いですが、少年少女たちの勇姿をご覧あれ!!
 

「ハクソー・リッジ」スタンダードエディション [Blu-ray]
2作品目は、太平洋戦争の沖縄戦で衛生兵として従軍したデズモンド・ドスの実体験を描いた、2017年公開、メル・ギブソン監督作品

『ハクソー・リッジ』

をご紹介します。
アメリカ ヴァージニア州ののどかな町で育ったデズモンドは、とても活発な少年だったが、第一次世界大戦で心に傷を負い、酒に溺れている父親トムの問題を抱え、喧嘩の絶えない日々を過ごしていた。月日は流れ、デズモンドは看護師のドロシーと恋に落ちるが、戦況が悪化する中、陸軍に入隊しグローヴァー大尉の部隊に配属された。ハウエル軍曹の下、厳しい訓練を受けるが、体力には自信があり何の苦もなかった。しかし、人を傷つけることが苦手なデズモンドは、武器を扱った訓練を拒否し、軍法会議にかけられてしまう。それでも信念を曲げないデズモンドだったが、意外な人物の尽力があり、衛生兵として激戦地「ハクソー・リッジ」へ赴くこととなるのであった。150メートルもの絶壁を登り日本兵と戦うことになるが、あまりの激戦にアメリカ軍は退却を余儀なくされる。その中で武器を持たないデズモンドは、負傷し、残された兵士を救出するために、一人登り、一つ一つの命を救うのだった。“人を殺せない”兵士。その栄誉を称え、名誉勲章が与えられた人物が今作の主人公です。
キャストを彩るふきカエのメンバーは、デズモンドを前野智昭さん、トムを広瀬彰勇さん、ドロシーを武田華さん、ハウエルを咲野俊介さん、グローヴァーを東地宏樹さんらが、その戦いの激しさを臨場感溢れる演技で魅せてくれます。
“命を奪う戦場で、命を救おうとした”一人の男の葛藤と強い信念に心揺さぶられます。
 

[作品画像はAmazon.co.jpより]
※発売メーカー、およびAmazonのページで紹介しているビデオテープ・DVD・ブルーレイ等のソフトは、日本語吹替え音声を収録していなかったり、このページで紹介しているものとは異なるバージョンの日本語吹替え音声を収録している場合もありますので、ご購入等の際はご注意ください。