ふきカエに囚われた者たちへ

今年も最後の更新ですよ。早いなあ…って毎年言ってますが。

昨年の今頃は、『きっと、うまくいく』の新録で大わらわでした。あれから1年の間、今年も地上波局は1本もふきカエを作ってくれず。ウチがやめたら「テレビふきカエ」の灯が絶えてしまう、とBSジャパンでコツコツと新録を続けてきたのですが……ここへ来て、まさかの同志が!
なんと民放の仲間、BS-TBSさんが、12/17(土)放送の『ポセイドン・アドベンチャー』でふきカエ新録に初挑戦されたとのこと。かつて地上波各局でふきカエが競作され、WOWOWさんの「補完版」もある作品なのになぜまた?と思ったりもしますが、とにかくめでたい! BS-TBSさんの挑戦に敬意を表します。

…なんてことを俺がこういうところに書くのは、けっこう捨て身でもあります。なぜなら『ポセイドン・アドベンチャー』の放送枠は、俺が担当しているBSジャパン『釣りバカ日誌10』の真裏ですから。
でも俺はふきカエ応援団ですからね。そんな小さいことは気にしない、気にしない!
というわけで当日は、転覆した豪華客船は録画保存して、リアルタイムでは海上の釣り船をご覧頂くということでいかがでしょうか。

プリズナーズ [DVD]さて、コツコツ組のわがBSジャパンも、『007/慰めの報酬』、『大統領の執事の涙』に続く、今年3本目のふきカエ新録企画を進めております。そのタイトルは…
12/30(金)夜11時~の年忘れシネマスペシャル『プリズナーズ』。これが無料テレビ初放送ですよ。

プリズナーズ

2017年は『メッセージ』(5月公開)、そして『ブレードランナー2049』(11月公開?)が話題の俊英、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が2013年に放った衝撃のサスペンス。失踪した愛娘を取り戻したい一心で、法とモラルの一線を越えてしまう主人公をヒュー・ジャックマン、事件を追う冷静沈着な刑事をジェイク・ギレンホールが演じています。
WOWOW等ではDVD版のふきカエが放送されてましたが、今回新録を思い立ったのは……立木文彦さんのフォレスト・ウィテカーが聴きたくて作った『大統領の執事の涙』と同じく、何より山路和弘さんのヒュー・ジャックマンが聴きたかったからです。
山路さんをはじめ、他のキャストも充実。ジェイク・ギレンホールは、何とDVD版ではジャックマンをアテていた東地宏樹さん。事件のカギを握る男(ポール・ダノ)は浪川大輔さん。そして中尾隆聖さん、朴璐美さん、藤本喜久子さん、一柳みるさん……歴代大統領並みに豪華な顔ぶれが揃いましたよ。
この稿を書いているのはまだアフレコ前ですが、またまた現場は盛り上がること間違いなし!

ダーティハリー3 [DVD]さてBSジャパン、水曜のレギュラー枠「シネマクラッシュ」では、10月から始まった気の長い企画〈イーストウッド無双!〉が進行中。12月は『ダーティハリー3』、1月は『ガントレット』『ダーティファイター』を放送予定です。
こちらは往年の名ふきカエに極力こだわって放送してますから、新録のチャンスはますます少なくなってしまいました。
…でも、やめませんよ! 次は何を仕掛けるか、日々考え中です。待っててください!

 
それではふきカエに囚われた者たち(プリズナーズ)、よいお年を!

 

[作品画像はAmazon.co.jpより]
※Amazonのページで紹介しているビデオテープ・DVD・ブルーレイ等のソフトは、日本語吹替え音声を収録していなかったり、このページで紹介しているものとは異なるバージョンの日本語吹替え音声を収録している場合や既に廃盤となっている場合もありますので、ご購入等の際はご注意ください。