2013年2月14日に世界同時に劇場公開になった『ダイ・ハード/ラスト・デイ』。
不運な男の代名詞ジョン・マクレーン役の中村秀利さん、ジョンの息子ジャック・マクレーン役の野沢聡さんにお話をお聞きしました。
 

■作品に対する思い、そしてキャスティングに対する思い

中村秀利さん(以下:中村) 私は薔薇座という劇団におりまして、その劇団代表が野沢那智さんだったんです。ですから那智さんにはずっと芝居で鍛えられまして、彼が演じていた役をできるという事は大変光栄な事で、しかも息子のジャック役が野沢さんの実の息子さんの聡君ということで、縁というものは不思議なものだなと思いました。

野沢聡さん(以下:野沢) 僕はこれまで舞台を中心に活動してきたのですが、吹替えに対しては、父・野沢那智の情熱的に取り組む姿をずっと見てきたため、中途半端な気持ちでやってはいけないという思いが強くあり、実はこれまでは控えてきたんです。しかし一昨々年父が亡くなった時、「よし、とにかくやってみよう!」と一大決心をしました。そして去年の春から、環境的にもやっと本格的に声優の仕事に向き合えるようになりました。ですから、まさかこんなにも早く、このような機会を頂けるとは思わなかったですし、また中村さんとこういう形でご一緒できるとは夢にも思っていなかったので、とにかく体当たりで挑ませて頂きました。

■収録で思ったこと、感じたこと

中村 聡くんの発声が那智さんの若い頃にすごく似てるなと思いました。しゃべり方なのかな、もう遺伝子だね。「えっ!?いま那智さんがしゃべってる!?」って本当にビックリしました。

野沢 ディレクター・中野洋志さんからのダメ出しについていくので精一杯だったのですが、中村さんが隣で優しく見守って下さっていたので、安心して演じさせて頂くことができました。とにかく前だけを見てつっぱしった感じでしたが、それができたのもお二方のお陰だと感謝しています。
ジョン・マクレーンという役は父の思い出がいっぱい詰まっていて、家でリハーサルビデオを観ていると自然に父の声が聴こえてくるんです。でも、収録当日、いざスタジオに入って、実際に中村さんとご一緒させて頂いても、もう全く違和感がなかった。

中村 やっぱり似ちゃうんですね、師匠だから。いい意味でね。

野沢 なので、晩年父と過ごした日々の事が脳裏をよぎりながら、変な意味じゃなくて中村さんと父がダブって、緊張もしたんだけど、すごくリラックスもできたんです。

中村 楽しかったよね。収録はずっと二人だけだったけど、なんか感慨深く楽しいというか。この作品はアクション作品なんだけど、ファミリードラマなんですよね、だからそんなところにグッときたというか。

野沢 カーチェイスやら銃撃戦やら、ものすごく激しい映画なんだけど、親子愛にもあふれた作品じゃないですか。そんな雰囲気もマイクにのって伝わっていたらうれしいなと。

中村 観て下さる方がそんな風に感じて下さったらうれしいですね。

野沢 そうであったら最高だなと思います。
ふきカエルインタビュー中村秀利×野沢聡

■吹替えに対しての想い

中村 声の仕事とはいっても、やっぱり基本は芝居。舞台などをどんどんやっていくとプラスになると思うんです。いくら滑舌がよくても大きな声が出ても、裏打ちされた気持ちの中のエネルギーなり思いなりがあって、それを技術を持って形として表現するわけだから、あんまりテクニックだけに走らない方がいいと思う。テクニックだけではなく、いろんな引き出しを持ってマイクの前で演じる役者であってほしい。もちろん私もそうありたいと思っています。

野沢 まだスタジオでみなさんに圧倒されているので何も言える事はないのですけれど、父の話をさせて頂くと、どちらかというと”天才肌”と称されていた父ですが、実際にはものすごい努力家でした。寝る間も惜しんでご飯食べるのも忘れてリハーサルをして、台本を真っ黒にして取り組んでて。

中村 ほんとに真っ黒だったね。

野沢 せめてその父の姿勢に負けないようにやっていきたい、いや、やっていかなきゃと、改めて身を引き締めています。

■『ダイ・ハード/ラスト・デイ』吹替え版ならではのみどころ

中村 『ダイ・ハード』の世界観がたっぷり、そしてテンポと迫力と愛と、ぎゅっとつまった内容です。「4」ではスーパーヒーローだったジョン・マクレーンが、また「1」のような生身の人間に戻った感じがします。

野沢 中村さんは子供の頃の僕をご存知なんですけれどお会いするのはすごくお久しぶりで、もちろんお仕事させて頂くのは初めて。そして演出の中野さんとも初めてのお仕事だったんです。でもこのおふたりと現場でご一緒させて頂いたら、全然初めてじゃない感覚でした。こうスッと自然にひとつになれたような感じがしたんです。

中村 あの瞬間、本当に家族みたいな感じだったよね。

野沢 その空気感がきっとマイクを通して作品に注がれていると思うので、おもしろい映画になっているはずです。

中村 那智さんも天国で喜んでいただけるものと思っています。

■日本語吹替え版をご覧頂くみなさまへ

中村 想いを込めた作品です、ぜひぜひ吹替え版を劇場で観て頂きたい。

野沢 今後も”日本語としておもしろい”吹替え版を作っていけるように益々精進して参ります。

ふきカエルインタビュー中村秀利×野沢聡

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』公式サイトhttp://www.foxmovies.jp/diehard-lastday/
『ダイ・ハード』シリーズ、そして今作のみどころを「吉田Pのおすすめふきカエル」でご紹介していますので、 こちらもぜひご一読ください。

 
 
プロフィール
ふきカエルインタビュー中村秀利×野沢聡中村 秀利(なかむら ひでとし)
東京都出身。劇団薔薇座を経て、声優として活躍。1993年に劇団フェドー劇場を立ち上げ舞台活動も精力的に行っている。

【吹替え】『CSI:NY』(マック・テイラー刑事/ゲイリー・シニーズ) 、『ナイト&デイ』(アントニオ・クインターナ/ジョルディ・モリャ) 、『ジョジョの奇妙な冒険』(メッシーナ) 、『ヨルムンガンドPERFECTORDER』(日野木) 、『つくってあそぼ』(ゴロリ)
所属:81プロデュース公式ホームページ

ふきカエルインタビュー中村秀利×野沢聡野沢 聡(のざわ そう)
日本大学芸術学部演劇科、文学座附属演劇研究所を経て、2000年帝国劇場『エリザベート』にてミュージカルデビュー。 ストレートプレイ、ミュージカルの舞台で活躍。2012年からは本格的に声優としても活動。

【舞台】『エリザベート』『パウロ』『プリズンホテル』『マウス・トラップ』『ミュージカル 三銃士』
【吹替え】『ボルジア家』(ホアン・ボルジア)、『SMASH』(マイケル)
所属:オフィスPAC よしもとクリエイティブ・エージェンシー