review_hasegawa_topbanner

鼻水垂れる~!鼻つまる~!!目がかゆい~!!!の3重苦から解放され、まさに春本番です。我が新宿に新しいシネコン、TOHOシネマズ新宿もオープンし、シネコン3つどもえの街になりました。ビルの上のゴジラ君にも早速ご挨拶し、今日も元気にLet’s Go~!!です。

まずは1作目、2009年に公開された

マイレージ、マイライフ [DVD]

『マイレージ、マイライフ』

監督はジェイソン・ライトマン。
主人公ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)は、なんとも非情な、いわゆる「解雇宣告人」であり、1年中出張のため、アメリカ中を飛行機で飛び回る人生を送っていた。そんなライアンの目標は、マイレージを1000万マイル貯めること。そして、飛行機に自分の名前を残し、フィンチ機長と面会することだった。家族とも離れ、結婚にも興味なし。あるのは仕事だけ。そんな時、出張先で出会ったアレックス(ヴェラ・ファミーガ)と気ままな関係に。
しかし、出張から戻ったある日、上司クレイグ(ジェイソン・ベイトマン)から新人社員のナタリー(アナ・ケンドリック)を紹介され、教育係に任命される。ナタリーは、“出張を廃止し、ネット上での解雇宣告を行うシステム”を提案するが、ライアンはそれに猛反対。新人研修も兼ねて2人で出張に行くことになり、気が重いライアンだったが、出張の合間にアレックスとの関係を続け、ナタリーは、人を“きる”ことで初めて目にしたそれぞれの人生に衝撃を受けながら、様々な経験を積んでいく。この出張が2人の心情の変化をもたらす…。
そんなビジネスライクなストーリーを飾るふきカエのキャストは、ライアンをご存じ小山力也さん、アレックスを大人の魅力あふれる深見梨加さん、ナタリーを嶋村侑さんが演じられています。ちなみにナタリー役のアナ・ケンドリックは3月に公開された「イン・トゥ・ザ・ウッズ」のシンデレラ役も熱演。歌もお上手です。私、長谷川がイチオシの女優さんです。
あー、そういえば私も出張や旅行で飛行機に乗るときマイレージを貯めるの楽しみだったんです。シアトルに行くとき、そのマイレージでグレードUPも経験できたんですよ!

 

プリズナーズ [DVD]

2作目は2013年に公開された、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品

『プリズナーズ』

ペンシルベニア州のとある田舎町。そこでケラー(ヒュー・ジャックマン)は、愛する家族と暮らしていた。そして、隣に住むフランクリン(テレンス・ハワード)一家と共に感謝祭を迎えていた。だが、その最中一緒に遊んでいたはずのケラーの娘とフランクリンの娘が行方不明になってしまう。2人は何者かに誘拐されたとみて、警察の捜査が始まる。現場付近に止まっていた不審なRV車。浮かび上がる容疑者アレックス(ポール・ダノ)を拘束するが、アレックスは10歳程度の知能しかなく、まともな証言、決定的な証拠も得られない間に釈放の期限を迎えてしまう。進展のない捜査状況に苛立つケラー。担当刑事ロキ(ジェイク・ギレンホール)は別の容疑者がいると考え、性犯罪で前科のある人物を容疑者と想定して捜査にあたるが…時間ばかりが過ぎていく。
そんな中、フランクリンの娘ジョイが無事保護され、フランクリンとナンシー(ヴィオラ・デイヴィス)夫妻の元へ帰ってくる。一方で、ケラーの妻グレイス(マリア・ベロ)はどんどん錯乱状態に陥り、その行動は常軌を逸していく。
ふきカエキャストは、ケラーに東地宏樹さん、ロキ刑事に高橋広樹さん、グレイスに山像かおりさん、フランクリンに坂詰貴之さん、ナンシーに喜田あゆ美さんがアテられています。
全編通して2時間半、観ているこちらも辛くなって、ハラハラのし通し。そしてあのラストですよ~。ぜひぜひ堪能してください。

[画像はAmazon.co.jpより]