今まで「吹替王国」に登場した声優10人のレジェンド作品を一挙放送!
2017年9/4(月)~8(金)10作品イッキ観!
小山力也さんがニコラス・ケイジを吹替えした
レフト・ビハインド』を放送!
声の出演:小山力也、小林親弘、小林沙苗
放送日:9/5(火)昼1:30~
ムービープラス 特集ページ

小山力也さん 
CS映画専門チャンネル・ムービープラスで、「もっと吹替えで映画を観たい!」という視聴者の要望に応え、特定の声優をフィーチャーする「吹替王国」第4弾!

今回は、『24-TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)や、『ER緊急救命室』のダグ・ロス(ジョージ・クルーニー)など、“危険な男”を魅力的に演じる小山力也さんが登場です!キーファー・サザーランド出演のパニック超大作『ポンペイ』、円熟味を増したジョージ・クルーニーが監督も務めた政治サスペンス『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』、『メメント』『アイアンマン3』のガイ・ピアースが酒と女好きの不良探偵に扮したサスペンスアクション『ジャック・アイリッシュ』シリーズ3作品の計5作品を放送。放送に先駆けて、小山力也さんにインタビューを行いました。 

 

—-吹替王国ではこれまで何人かの声優業界のレジェンドともいえる錚々たるメンバーが特集されてきました。その第4弾として、小山さんが選ばれた感想をお願いします。
小山力也さん:いやぁ、ありがたいですね。何百人という声優の方々がいらっしゃる中で、自分を選んでいただけて嬉しいです。吹替え版映画の放送が地上波では少なくなってしまったので、やっぱりこういう風にチャンネルでの特集や新たな媒体がどんどん増えて、そういったところで取り上げてもらえるのは嬉しいです。ありがとうございます。

—-これまで携わってきた作品の中で、特に印象に残っているものはありますか?
自分がここぞと思って取り組んだものは全て印象に残ります。特に吹替えはそうです。その作品をどれだけ傷つけず貶めることなく作り上げることができるかが勝負となりますし、リハーサルも一番時間がかかります。なおかつオリジナル版で演じている俳優をいかに超えるか、勝てるかを考えて取り組む分、吹替え作品は印象的ですね。

—-オリジナル版の俳優本人の動向を気にすることはありますか?
俳優自身にまず憧れますし、その人の芝居を好きになります。自分の演技のために俳優の視点を知ろうと思いますし、同じ視点でものを見ようとします。だから、今度どんな映画に出るのか、プライベートも気になって注目しますね。自分も俳優の方と同じように歳を重ねる中で、自分の経験を振り返ることもあります。次第に俳優への憧れに背伸びすること無く、肩肘張らずに相手の芝居を観られるようになっていったと思います。例えばジョージ・クルーニーが色々な面で活躍する中で俳優として成長するのはその人の人間としての成長を意味すると思いますし、そんな彼を見ると同時にこちらのものの見方も変わってきます。

—-映画を観るときは、字幕と吹替えどちらをご覧になりますか?
昔は吹替えで観ると演じている俳優の方の顔が浮かんで、その人がどういう風に演じているのかが気になって映画に集中できなかったのですが、今は楽しんで観られますね。自分だったらどうやろうかというのを考えながら観る時には、実際に俳優の方の声・呼吸を聴かなくてはいけませんから字幕版を観ています。

—-演じる上で俳優の息遣いを意識しますか?
もちろん演じる上で相手の呼吸を理解することが一番大事です。アニメでも役の呼吸をつかむことが大事なことです。
吹替えは映像がすでにあるのでそれを利用して役柄を掴むことですね。
同じ俳優を長い間担当したとしても、相手の呼吸がわかるとまでは中々いきませんが、「あ、この人は今こんな風に演じているんだな」と親近感が沸くことはあります。

—-善と悪でやりやすい役はありますか?
どちらも魅力的です。良い役なら本当にそこまで良い奴なのか考えて声をアテますし、悪い奴でも自分なら本当にそこまでやれるのか、でもこのキャラクターはやってしまうんだと感嘆してやることもあります。
素晴らしい作品のキャラクターは総じて偉大なので、その偉大さを考えて演じます。ドラマチックな中で躍動している人物は僕らが生きているような瑣末な日常で生きてはいないので、自分が彼らの世界になるべく近づけるように、良い役悪い役といったパターン化をやめて、そのキャラクターがなんでそこまでできるのか、行動する根拠を考えて取り組めば魅力につながると思いますし、それが大事だと思います。
小山力也さん

—-「危険」な男を演じられることが多いですが、その魅力とは何ですか?
ハラハラドキドキの高揚感がありますよね。自分は安全だけど、そういったスリルとサスペンスを味わうことができるのは魅力だと思います。自分がドキドキしないと演技にも表れてきませんからね。表現技術に関しては、自分がどういう風に物事をこれまで吸収してきたか、というのが活きてくるんじゃないでしょうか。

—-声優をやっていてよかったなと思う瞬間はどんなときですか?
素晴らしい俳優を演じることができたこと、その上で彼らと一体感を持てたこと、そして作品を提供してくださる方に喜んでいただけたときは嬉しいと思います。プロデューサー、ディレクターの方から連絡があったときや、視聴者・お客様からの反響も嬉しいですし、ただ単に褒めてくださるだけでなく、その作品ならではの具体的な感想を言っていただけるのは本当に幸せなことですね。また次も頑張ろうという気持ちになります。
あとは(現場で)憧れていた俳優さんの演技を、その背中を見ることができたときは嬉しかったです。

—-憧れの声優の方はいますか?
演劇を志した頃に、津嘉山(正種)さんが出演の劇を観て、ナレーションを聴いて、吹替えも何度も観ました。津嘉山さんの声はかっこいいですよね。『ボディガード』(ケビン・コスナー主演)という作品が日本であれだけヒットしたのは、津嘉山さんの吹替えのおかげもあったと思います。FIX俳優と呼ばれるご自身の役をお持ちの声優さん、例えばオードリー・ヘプバーンでも「池田昌子さんの声がないとヘプバーンじゃない」というような、「日本語ならこの声優さんでないと」と思える魅力ある声優さんたちがいらっしゃって、そんな方たちと出会えて一緒に仕事をすることができるのは宝です。

—-名作の吹替えに(新録などで)関わられることもありますが、感慨深いものはありますか?
あります。自分が小さかった頃の作品に携われるなんて本当にありがたいです。素晴らしいものであればこそ、自分がやりたいという気持ちは強くありますが、先人の方のものが残っているのももちろん素敵なことだと思います。色々な人が演じて、年代を超えて新旧(の吹替えが入った)商品ができるのも一映画ファンとして喜ばしい限りです。

小山力也さん—-小山さんにとって、よきライバルといえる存在はいらっしゃいますか?
あの人がライバルだ、なんて偉そうに呼べる方はいませんが、現在活躍している方は皆それぞれに魅力がありますね。(大塚)明夫さんの仕事はとても勉強になりましたし、励ましてくださったこともありました。『ER 緊急救命室』では、明夫さんがリーダー的な役で現場を引っ張ってくれましたし、『ザ・ロック』という作品で、DVDでは明夫さんが主演を吹替えているのですが、金曜ロードショーで放映する際に僕が主演のニコラス・ケイジを吹替えることになったときに、明夫さんは脇役で僕を支えてくれました。そんな人に僕もなりたいですね。勉強になる方たちも多くいらっしゃいます。現在頑張っている人たちはやはり気になります。

—-印象に残っている作品やキャラクターなどを教えてください。
いっぱいありますね。強いてあげるなら、先程も挙げた『ザ・ロック』(日本テレビ・金曜ロードショー版でニコラス・ケイジを吹替え)と、『身代金』(日本テレビ・金曜ロードショー版でメル・ギブソンを吹替え)ですね。あとは『シュリ』(テレビ朝日・日曜洋画劇場版でハン・ソッキュを吹替え)という作品が印象に残っていますね。この収録では一度もNGを出しませんでした。
俳優さんではデンゼル・ワシントンが好きです。彼は役ごとに全然違う演技で、観察眼の鋭さ、構築の緻密さは「あぁ、さすがだな」と感服します。そういう俳優さんと出会えるのは本当に嬉しいですね。
『悪魔を哀れむ歌』(フジテレビ・ゴールデン洋画劇場版)という作品の収録をしていたときのことです。作品中でデンゼルによるナレーションが流れるのですが、俳優さんの顔は見えないので、自身のリズムで臨もうと、僕はデンゼルの声を聴かずにヘッドフォンを外して待機していました。そうしていたら、共演した谷口節さんが「力也くん、耳(ヘッドフォン)外してんの。ほほぅ、デンゼル・ワシントンがなんぼのもんじゃいだね!」と言い出しまして(笑)。そういう意味ではなかったんですけど、谷口さんからはおかげで気合が入ったとおっしゃってくださいまして、そんな気持ちで隣にいてくれたのか、と思うとあの時は嬉しかったですね(笑)。

—-字幕派の方に吹替えの魅力を伝えるとしたらどのように伝えますか?
良い吹替えは本物を壊さず、かつ日本語としての新しい魅力を備えています。単なる言葉合わせでは作品を侮蔑することになってしまいます。ちゃんと俳優の魅力を理解して、相手の良いところを汲み取って、日本語としてより良いものを作るぞという心構えを持って声優の方たちは取り組んでいるはずです。そこを発見していただけると嬉しいです。字幕派の人でも吹替えを面白いと感じていただけるのは、そういう吹替えだと思います。
小山力也さん

—-今回放送される作品の中で特にお勧めはありますか?
全部素晴らしい映画です。
『ポンペイ』は、映像技術と俳優さんたちによるパニックの演技と、ポンペイに住む人々の葛藤ドラマ、そして大自然に一瞬にして全てを潰されるえげつなさが一番の見所としてグッときます。
『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』という政治ドラマは、社会的な発言もしているクルーニー自身が監督して、権力の悪をはっきりと描いたということでとても勇気ある行動をしたなと作品を通して感じました。
『不良探偵ジャック・アイリッシュ1~3』はアクションも面白いですし、「仕事から帰ってきたお父さんが途中から観ても面白い、そんなに深く考えなくても楽しい」という、(3作品の)どこから観てもスッと溶け込めるエンタテイメントとしても魅力的です。

—-作品をご覧になる方々に向けてメッセージをお願いします。
吹替えを愛してくださって本当にありがとうございます。地上波でも是非観ていただきたいと思いますが、最近は中々観る機会がありませんね。その代わり、色んな媒体が立ち上がって取り上げられています。時代を超えて楽しめる作品に自分が携わることができて幸せだなと思うと同時に、それに対して誇りをもってこれからもやっていきたいです。映画自体ももちろん素晴らしいですが、それに吹替えが加わることで更なる魅力が出てきます。そのようなことをもっと伝えていけたらうれしいです。これからも吹替えをよろしくお願いいたします。

—-この「ふきカエル大作戦!!」サイトは声優を目指す方も多くご覧になっていると思いますが、そういう方たちへもメッセージをお願いします。
テクニカルなことはどうでもいいので、とにかく素晴らしいものをたくさん観て感動するということが大切です。
映画をはじめ、音楽や舞台、オペラなど世界が認めたものを一つでも多く観て、「どこが魅力で世界は認めているんだ」とか、「何で自分はあの作品にこんなに惹かれるんだろう」ということを考えるのが良いと思います。狭い世界で留まることなく、世界の超一流の作品をたくさんたくさん観てください。
 

小山力也さん
[プロフィール]
小山力也(こやま りきや)

声優、俳優、ナレーターなどで活躍。
12月18日生まれ。京都府出身。血液型はO型。
劇団俳優座所属。主な主演作として『24-TWENTY FOUR-』、『ER緊急救命室』などがあげられる。『ER』以降、ジョージ・クルーニーの吹替えは現在に至るまでほぼ専属で担当している。アニメやゲームでは、冷徹な悪役からコミカルで豪快な役まで幅広く演じこなす。2011年声優アワードでは「その年最も声優という職業を世の中に浸透させた功労者」に贈られる富山敬賞を受賞。

 
※この特集の放送は終了しました
CS映画専門チャンネル・ムービープラス
「吹替王国 #4 声優:小山力也」
2016年2月27日(土)朝11:15~【日本語吹替版】放送

朝11:15~『不良探偵ジャック・アイリッシュ 死者からの依頼』
声の出演:小山力也、西村野歩子

昼1:15~『不良探偵ジャック・アイリッシュ 2人の父への鎮魂歌』
声の出演:小山力也、西村野歩子

昼3時~『不良探偵ジャック・アイリッシュ 3度目の絶体絶命』
声の出演:小山力也、西村野歩子

夕方4:45~『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』
声の出演:内田夕夜、小山力也

夜6:45~『ポンペイ』
声の出演:小松史法、小山力也

⇒詳細はこちら