BSテレ東7ch にて、2022年12月19日(月)夜6時54分から、新録吹き替え版『ランボー ラスト・ブラッド 特別編』が放送されます!
無料テレビ初放送となる、シルベスター・スタローンが孤高の戦士ジョン・ランボーを演じる大人気アクションシリーズの最終章!今回、豪華声優陣による吹き替え新録が実現しました!そのうち7名のキャスト、ささきいさおさん、田中敦子さん、種﨑敦美さん、小宮和枝さん、堀内賢雄さん、西凜太朗さん、白石涼子さんからのコメントが届きました!
 
今回の新録版の制作経緯はダークボのふきカエ偏愛録「#74 クリスマスは血戦だ!」をお読みください!
2022年12月19日(月)夜6時54分~ BSテレ東/シネマクラッシュにて放送
『ランボー ラスト・ブラッド 特別編<新録吹き替え版>』

⇒番組ホームページ
ランボーラストブラッド新録版(上段左より、ささきいさおさん、田中敦子さん、種﨑敦美さん、小宮和枝さん
下段左より、堀内賢雄さん、西凜太朗さん、白石涼子さん)

 
[コメント] 
ささきいさおさん
(ジョン・ランボー役)
シルベスター・スタローンの声を吹き替えるようになって約40年。最近のスタローンの声はますます低音になり、あの独特の低音の響きを出すのに苦労してきた。『ラスト・ブラッド』の録音が終わった瞬間、私の心の中で、アテレコに対する力みのようなものが、スーッと消えていくのを感じた。「もう、戦わなくていいんだよ…」あのラストシーンのように。
見どころは、今までのランボーの中で、最も残酷で激しい戦い…かな。ファースト・ブラッドとは全く違う、怒りの爆発。肉体を駆使して頑張ってるのは、すごいとしか言いようがないですね。
 


田中敦子さん(カルメン役)
本当に久しぶりにテレビ放送用の映画の吹き替えに参加させていただき、懐かしさでワクワクしました。ゴールデンタイムの洋画劇場でご一緒してきた皆さんのお名前を台本で拝見して新人時代を思い出し、心から楽しい収録となりました。
今回の『ランボー ラスト・ブラッド』はテレビ放送用に新録した作品です!ささきいさおさんの演じられたランボーが堀内賢雄さんの演じられたマルティネスにどのように戦いを挑んでいくのかが見せ場のひとつですので、どうぞ新録吹き替え版で存分にお楽しみいただけたら嬉しいです。
 


種﨑敦美さん(ガブリエラ役)
まさか「ランボー」に参加させていただける日がくるなんて…それだけでも驚いたのですが、まだまだ分散収録が続いている中、まさかささきいさおさんと小宮和枝さんと収録をご一緒させていただけるなんて。光栄で、楽しくて、緊張していたらもったいないと思って、贅沢な時間を存分に堪能させていただきました。
吹替を担当させていただいたガブリエラはまっすぐで本当にいい子です。その子が大変な目にあい、ジョンおじさんが助けにきてくれます。その時に車の中で語りかけてくれる言葉一つ一つにぎゅっとなりました。そのシーンはもちろん、激しいアクションシーンも見応えたっぷりなので是非ご覧ください!
 


小宮和枝さん(マリア役)
ベテランの懐の深い芝居、ルーキーの無垢な直球の芝居。中間に位置する私は暢気にしていられない。と気を引き締めたものです。
親子でなくても、血の繋がりはなくても、深い愛情と絆で結ばれた善人VS 非道の限りを尽くす悪人達。怒りの導火線に火が点いたランボーは容赦しません。そして、遺り場の無い悲しみに暮れるラストシーンは…鬼の目、いや、小宮の目にも涙でございました。
 


堀内賢雄さん(ウーゴ・マルティネス役)
ワタシの青春はスタローンと共にあったと言っても過言ではありません。そんな、ランボーに復讐されるのがワタシの役です。
あゝ映画は良いな。
やはり見どころは、我が子同様に可愛いがっている娘を奪われてからの、ランボーの演技、キキ迫るものがあります。
そしてラスト、悪のリーダーの断末魔。怒りのランボーは怖い。
 


西凜太朗さん(ビクトル・マルティネス役)
極悪兄弟の弟ということで、すごく「悪いヤツ」なんだけど、兄貴に甘えてたり、少しコメディチックな芝居をするキャラクターなのでそこを自分も楽しみながら、しかし行きすぎないようちゃんと悪人で通せるよう微調整しながら演じました。
ランボーシリーズは第一作目から好きで見ていました。落ち着いた暮らしを奪われた彼の見せる復讐劇は凄まじいの一言。え?スタローン、撮影当時73歳??はい。俺もまだまだガンバローと思いました。
 


白石涼子さん(ジゼル役)
いただいたジゼルという役は今までに経験があまりない感じの人物でスタジオに行くまで手探りでしたが、ガブリエラの運命を決めるキーとなるキャラクターだったので、印象に残るような役作りへと導いてもらえた気がします。
かなり激しいシーンもあるので、思わず目を瞑ってしまうところもあるかもしれませんが、ぜひぜひテレビで観ていただけると嬉しいです。ランボーの最後の戦いは、観ていて痛い痛い…となりながらもついつい気になる仕掛けたっぷりで圧巻です。
 


<『ランボー ラスト・ブラッド 特別編』ストーリー>
かつて伝説の兵士として、ベトナム戦争を生き抜いたジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)。その後、PTSD に苦しみながら世界各地の戦いに身を投じてきたランボーも、今は故郷アリゾナの牧場で、古い友人のマリア(アドリアナ・バラーサ)とその孫娘ガブリエラ(イヴェット・モンレアル)と、“家族”として平穏に暮らしていた。ところが、自分を捨てた実の父親の消息を知ったガブリエラが、ランボーの反対も聞かず一人で危険地帯に踏み込み、人身売買カルテルに拉致されてしまう。ガブリエラを救い出そうとメキシコに向かったランボーも、組織に捕まって袋叩きに。怒りに燃えるランボーは、一味への復讐を果たすため、想像を絶する戦闘準備を始める。


 
2022年12月19日(月)夜6時54分~
BSテレ東/シネマクラッシュ
『ランボー ラスト・ブラッド 特別編<新録日本語吹き替え版>』

⇒番組ホームページ
ランボーラストブラッド新録版© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.
プロデューサー:久保一郎
翻訳:平田勝茂
演出:高橋剛
声の出演:ささきいさお、田中敦子、種﨑敦美、小宮和枝、堀内賢雄、西凜太朗、白石涼子、河本邦弘、田所陽向、玉野井直樹、棟方真梨子、細川祥央、三重野帆貴、佐久間元輝、玉井勇輝、上住谷崇、木村香央里、峰晃弘、渡邊景日、田島章寛
→ふきカエ全キャスト&スタッフ