review_hasegawa_topbanner

2015年になって、はや2ヶ月。今年もすでにいろいろありました。楽しいことや嬉しいことがあれば、哀しいこと、大変なことも…。めまぐるしいこの時代、生きてるだけでも疲れてしまいますよね。ですがこんな時でも、大好きな“時間”があれば、明日も頑張れます。その時間といえば、やっぱり映画タイムでしょう!!

というわけで、今回の1作目は、2002年のミュージカルをアダム・シャンクマン監督が映画化した、2007年公開

ヘアスプレー [Blu-ray]

『ヘアスプレー』

です。
1962年、ボルチモアに住む、ダンスとおしゃれが大好きなビックサイズの女の子、トレイシー(ニッキー・ブロンスキー)の夢と青春の物語。ティーンに大人気のテレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演して、憧れのリンク(ザック・エフロン)と踊ることが彼女の夢。そんなある日、番組の新メンバーオーディションが行われることに…。早速両親を説得し、チャンスに賭けるが、太っていることを理由に落とされてしまう。
しかし、チャンスは学校の教室にもあった!! 居残り教室で、シーウィード(イライジャ・ケリー)をはじめとする黒人の生徒たちが踊っているところに遭遇し、一緒にステップを踏むトレイシー。その姿を、特別クラスに通っていたリンクが目撃し、リンクの口添えで、番組司会者コーニー主催のダンスパーティーに招待される。そこでコーニーに認められ、番組に出られることに!! そして一躍人気者に!!
だが、そこはTV業界。そのことをよく思わないアンバー(ブリタニー・スノウ)と番組プロデューサーのヴェルマ(ミシェル・ファイファー)は、あの手この手を使ってトレイシーを追い出そうと画策する…。
そんなにぎやかな物語を、より一層豪華に飾るふきカエのキャストは、主人公トレイシーに渕崎ゆり子さん、イケメンのリンクには三木眞一郎さん、シーウィードに伊藤健太郎さん、アンバーに小林沙苗さん、ヴェルマに塩田朋子さん。
そして、この映画の目玉は、話題にもなりました巨体の母親エドナ役。私もディスコに通ったあの時代(死語か笑)、そう! サタデーナイトフィーバーで一世を風靡した、ジョン・トラヴォルタが特殊メイクで見事に演じています。声は、山寺宏一さん。父親ウィルバー役には強面のクリストファー・ウォーケンが。声は堀勝之祐さんと、皆さん明るく楽しくアテられています。
さらに、素敵なミュージカルナンバーがストーリーを盛り上げます。観ている私たちも思わず歌って踊っちゃう!? 是非、皆様もフィーバーしてください!!

 

ファミリー・ゲーム [DVD]

2作目は、1999年に公開された

『ファミリー・ゲーム/双子の天使』

原作は、エーリッヒ・ケストナーの「ふたりのロッテ」で、1961年にも実写化されているリメイク作品です。監督は、ナンシー・マイヤーズ。
幼少時に両親が離婚し、お互いの存在を知らない双子が、サマーキャンプにて偶然にも出会う。最初は反発しあって大騒ぎの2人だが、次第に意気投合し、パパとママを仲直りさせるため、入れ替わり、それぞれの親の元へ…。ハリー(リンジー・ローハン)は、ロンドンでウェディング・デザイナーをしているママのエリザベス(ナターシャ・リチャードソン)の所へ。アニー(リンジー・ローハン)は、カリフォルニアで農園を経営するパパ、ニック(デニス・クエイド)の所へ。
ところが、アニーは前途多難。ニックには既に新しい恋人メレディス(エレイン・ヘンドリックス)が…。その上メレディスは、ニックの財産目当てでタチが悪い。ハリーとアニーは悪戦苦闘しながらも、思わず笑ってしまう悪戯で大人たちを翻弄する。ふきカエのキャストは、ハリーとアニーの双子を菊地ゆうみさんが巧みに演じています。ニックには大塚明夫さん、エリザベスには安達忍さん、メレディスには井上喜久子さんと、面白可愛くアテられています。
この春休み、双子の頑張り!?にほのぼのしてみては?

[画像はAmazon.co.jpより]