吹替え放送にこだわりのある洋画専門CSチャンネル「ザ・シネマ」が主催する上映イベントが、『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』(8月12日(月・休)、23日(土)に放送)の制作・放送を記念して8月4日に開催されました。『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』の上映とトークイベントを第1部・第2部で約200名の観客が楽しみました。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』

第1部では通常上映とトークイベントを実施。オーダーメイドのバトルスーツに身を包んだ大の「マッドマックス」ファンであるタレントの関根勤さん、吹き替えに造詣が深い漫画家のとり・みきさんが登壇し、マクラウド代表の白石知聖さんが司会をご担当。
そして第2部では絶叫上映を実施。タンバリンやクラッカーが鳴り響いた上映終了直後、熱気あふれる会場内に突如、ザ・シネマ新録吹替え版で主役のマックス役の吹替えを担当した声優・宮内敦士さんが「俺の名前はマックス」という劇中の名セリフとともにサプライズ登場。会場からは「V8!」コールが鳴り響き、大きな歓声に包まれました。

【関根勤さん・宮内敦士さんインタビュー!】『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』
■自前のバトルスーツで登場した関根勤さんコメント!「僕はマックスが好きなんですよ」
『マッドマックス』の最新作を見た時はビックリしましたね。お金もかかっているし、スケールアップもしている。主演のトム・ハーディもカッコ良かったですね。ジョージ・ミラー監督がこの映画を撮った時は70歳近くだったんですよね。それくらいの年齢の人が作る映画じゃないですよ。他の監督だったら、途中で犬を救ったり、少年を救ったりするようなシーンを入れてしまいがちですが、この監督はそれをしない。アクションだけで押し通しますからね。自分が監督をするという立場になって観てください。本当に大変です。そして主役としてキャスティングされたと思ってください。本当に過酷です。それを2時間で見事にパッケージングしている。これは芸術ですね。僕はマックスが好きなんですよ。今日の衣装のバトルスーツも3年前にこの映画を観たときに作ったものです。僕はブルース・リーや『ダーティハリー』の映画が好きなんで、このシリーズにもいっぺんにハマってしまいました。『マッドマックス』っていう名前もかっこいいですよね。

■マックス吹き替え担当の宮内敦士さんコメント!「これぞ『マッドマックス』の世界観だということを目指しました」『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』
「ザ・シネマ新録吹替え版」の放送がはじまってから、役者仲間からも、役者じゃない知り合いからも良かったよという声を多くいただいて、良かったなと。僕に限らず、他の吹き替えを担当した役者さんたちも喜んでいると思います。『マッドマックス』というのはひとつの時代を作った作品で、僕も子どもの頃から観ている大好きな作品です。絶叫上映に実際に間近で触れるのは初めてなんですが、ファンの皆さんのこの世界観に没入していくパワーは本当にすごいなと思いました。今回の新録吹き替え版は、劇場版とはまた違う、これぞ『マッドマックス』の世界観だということを目指しました。トム・ハーディは、僕よりも年下なんですが、役者としても一流。いつも勉強しなきゃいけないなと気付かされることも多いですし、彼の吹替えはとてもやりがいがあります。この中に入ることができて本当に光栄です。みんなが力を入れて吹替えをしました。ぜひ観逃さないように。放送は録画も出来ますので、何回も観返していただけたらと思います。

■ザ・シネマ新録吹替え版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の一部動画を公開中!体感してください!
⇒YouTubeはこちら

【イベント上映レポート】
★イベント上映の第1部通常上映のトークイベント!
『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』この日、関根さんが着用してきた衣装は、オーダーメイドのバトルスーツ。「僕は『マッドマックス』の大ファンだったんですよ」と語る関根さんは、「3年ほど前に『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観て、どうしたらいいか分からないくらい興奮して。そうしたらライダースーツを作っているお店に『マッドマックス』バージョンがあると聞いて。すぐに行きました」と説明。かかった費用は、上下で38万円とのことですが、「フルオーダーで、一番いい革で作りました。まず採寸して、一カ月くらいで厚地の木綿で型ができるんです。それを着ながら、細かく『ここをどうしますか?』という風に全部調整して作るんで。僕にとっては適正価格。普通のライダージャケットでも20万とか25万は平気でしますからね」という関根さん。気になるご家族の反応については「何も言いません。妻はずっと軽い病気だと思っているんで」とコメントし、周囲を笑わせました。
マクラウドの白石さんも興奮を隠せないようで、「『マッドマックス』界隈では、関根さんがバトルスーツを作ったというのは2016年のビッグニュースだったんですよ。『関根さんはこっちの人だった!』と語ると、関根さんも「そうですよ! 79年からどっぷりですからね」と笑顔を見せます。「この衣装を着てイベントに出たかったので本当に良かったです」と続けました。
劇場公開時は字幕版で鑑賞したという関根さんですが、今回のザ・シネマ新録吹替え版は「マックスの声が渋くて。トム・ハーディ本人の声と違和感がなかった。カッコ良かったですね」と感じたそう。さらに「吹き替え版を観て、字幕では分からなかったところが分かりました。イモータン・ジョーの長男が子どもみたいなしゃべりなんですよね。それがビックリして。英語だとそのニュアンスが伝わらないんですよ。だからこういうしゃべり方なんだなと思いました」という関根さんに、とりさんも「今回はザ・シネマ用に、劇場版とは違うバージョンの吹替え版を撮り直したんですけど、劇場版の吹替えの長男はあまり幼児っぽくなっていないんですよね」と解説。
さらに白石さんが「劇場版ではプロレスラーの真壁刀義さんが吹替えをされていたんですが、こちらは幼児っぽいというよりは粗野な感じというニュアンスだった。今回は意図的にキャラクターを強調したということがありますよね」と指摘します。「僭越ながら、今回、ザ・シネマの新録吹替え版が新しく作られると話を聞いたときに、勝手に『ここの部分の吹替え・字幕は違和感がありましたよ』リストを作って。ザ・シネマさんに勝手に送りつけたんです。それが反映されたかどうかは分かりませんが。でも台本を読んでみると、原語に忠実であろうと気を遣っていたなと感じました」と振り返りました。
とりさんは「ザ・シネマさんが放送用に別バージョンをつくること意義深いことだと思っています。これからもその機会が増えるように皆さんも応援していただけたらと思います」
そして関根さんも「『マッドマックス 怒りのデスロード』は何回観ても同じ感動をいたしまして、ぼくは6回ほど観たのですが、まだこんな所があったんだと思えるので、何回も観ていただいて、プラス年に1回はみていただきたいなと。その年の年齢年齢で感じるものが違うと思うのですよ。熟成されてきた自分の人生でこういうことをジョージさん(ジョージ・ミラー監督)は言いたかったんだとわかってくると思います。ぜひ、長く愛していただきたいと思います 」と締めた。

★イベント上映、第2部絶叫上映の トークイベント!
『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』そして第2部は絶叫上映を実施。上映終了直後、熱気あふれる会場内に突如、ザ・シネマ新録吹替え版の主役マックスの吹き替え担当した宮内敦士さんが「俺の名前はマックス」という劇中の名セリフとともにサプライズ登場。会場からは「V8!」コールが鳴り響き、大きな歓声に包まれました。この日の衣装は白石さんが四年ほど前に制作したものだとのことで、「白石さんより本格的な衣装をお借りしました。皆さん(のテンション)に追いつけるように頑張ります」とあいさつ。
これまでもトム・ハーディの吹替えを幾度となく行ってきた宮内さん。「作品によってコロコロ変わるカメレオン俳優。影もあるし、存在感もある。なりきり方というか、いれこみ方が違う。それでいてすごくナチュラルな、いい役者だなと思うので。そのなりきり感を声だけで表現できるのかなとは思っていました」と語ると、さらに「台本と画面と見比べてみて、なぜこんな芝居をしているのか、という分析から入るんですが、裏に何かあるんじゃないかと思ってしまう。だからひとつだけの芝居でなく、いろんなものを用意していないと彼の芝居の吹替えは出来ない。だから収録の時は、いろんなものを用意したつもりですけど、もう少しできたんじゃないかなと思う部分もあります。彼はそういう役者ですね」としみじみ。
その言葉を受けてとりさんは「吹替え声優は必ずしも声が似ている必要はないのですが、宮内さんは非常に声が似ている。そしてお芝居もきちんと理解されているんだと思う」と称賛。さらに「下手するとトム・ハーディより宮内さんの声の方が低いんじゃないかと思う時もあった。普通、外国の俳優に日本人が声をあてる時って、なかなかそこまで低くなることはない」と続けると、会場からは大きな拍手が。それに対して「若い時は出来なかった役。声がかれてきて。ガラガラいうようになってきて出来るようになった。雰囲気が合ってきたのかもしれない。この年になって出来る役であり、役者さんなのかもしれませんね。とはいえ彼は僕より10歳くらい年下なんですけどね」と笑う宮内さんでした。
今回の日本語吹替え版の演出は、数々の洋画の日本語吹き替え版のほか、スタジオジブリ作品などのアニメ作品なども手がける音響監督の木村絵理子さんが担当しています。「ご縁から言うと、20年くらい前に吹き替えの仕事を始めた時に『ハリー・ポッター』で、ちょっとした役をいただいたんです。でもそれが全然出来なくて。『持ち帰ってください』と言われて帰されたんです。それで日をあらためて収録に行ったんですが、それでも悩んで。自分では変わっていないなと思ったんですけど、オッケーをいただきました。僕は半べそをかきながら、もう縁もないかなと思ったんですが、それからもちょこちょこと使っていただいて。僕のいいところを拾っていただけた。そういうご縁があるんです」と語る宮内さんは、「演出力は役者の上をいっていますからね。ひとつのシーンでも、こうじゃないかと言われると、ハッと気付かされることが多くて。そこから何テイクもやって現場で作り直していく。やはり自分を預けることができる演出家さんだなと、今回、改めて感じましたね」と付け加えました。
そんな宮内さんに『マッドマックス』への思いを尋ねると、「僕は物心ついた時から『マッドマックス』で育ちました。小学生くらいの頃に、ファーストの世界観を見た時に、本当に驚いたんです。だからそんなシリーズに声をあてて、その中に入ることができるなんて夢にも思いませんでしたね」と晴れやかな顔。そして最後に「『マッドマックス』の続きもあるという話もありますが、その時にまたトム・ハーディの声を吹替えられたらと思います」と決意を語ると、会場からの喝采を集めました。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』

イベント上映:2019年8月4日(日)開催。運営協力:V8japan/マクラウド

『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版]』飯森盛良のふきカエ考古学
放送スケジュール
8/12(月) 朝06:30~ 朝09:00/ 夜11:00~深夜01:15
8/24(土) 昼12:30~午後02:45/ 夜11:00~深夜01:15

⇒番組ホームページ
⇒特設サイト
⇒ふきカエルインタビュー宮内敦士さん&本田貴子さんコメント
⇒ふきカエルインタビュー安原義人さん
⇒プロデューサー「ふきカエレビュー 飯森盛良のふきカエ考古学」こちらこちら
⇒『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版]』ふきカエ スタッフ&全キャスト

『マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版]』
© Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC