#51 平成最後のテレビふきカエか?

ダークボのふきカエ偏愛録

ワケあってお待たせしましたが、ようやく更新。またまた新録企画のおしらせですよ!
BSテレ東にて、3月6日(水)夜8時から放送予定のシネマクラッシュ『ウォンテッド』
ルトガー・ハウアーじゃなくて、ジェームズ・マカヴォイ&アンジェリーナ・ジョリーの超絶アクションです。

ロシアからハリウッドに進出したティムール・ベクマンベトフ監督が、名刺代わりにブチかましたハイパーリアルな演出は今観ても超刺激的ですが、もう11年前(2008年)の映画なんですね。主人公のマカヴォイの見た目は今とそう変わらないけど、クズな同僚役のクリス・プラットが若くてイモい!(あれからよくヒーローに転身できたもんですな)

テレビ局が滅多にふきカエを作らなくなったこのご時世、1月に放送した『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(ご覧頂けました?)が“平成最後のテレビふきカエ”かも、と思ってたところ、飯森Pのザ・シネマさんが2月放送の『LIFE!』を新録されて。拍手を送りつつ、もいっちょやるかな、と思い立ったのがこれであります。今度こそ平成最後かな?(4月に何かあるかもしれませんが)
この「平成最後のテレビふきカエ」という殺し文句が効いたのか、とんでもないゴージャスな面々がアセンブル!

ジェームズ・マカヴォイのふきカエは、近年、X-MENのプロフェッサーX(の若い頃)や『スプリット』『ミスター・ガラス』等ですっかりマカヴォイが持ち役の内田夕夜さん。
(いきなり余談ですが・・・その昔「木曜洋画劇場」でメル・ギブソンの『パトリオット』を新録した際、ヒース・レジャーのふきカエに夕夜さんを推薦したところ、ディレクターの小林守夫さんのお気に召したのか、その少し後に『タイタニック』のディカプリオに起用されて。あれは驚いたなあ)
アンジェリーナ・ジョリーは、これが初めてというのが不思議なほどアンジーにピッタリだった藤本喜久子さん。BSテレ東的には『プリズナーズ』新録以来のお仕事です。
そしてモーガン・フリーマンはやはりこの人、坂口芳貞さん! 劇場版以来、11年ぶりに再登板して頂きました。
さらに、さらに! 玄田哲章さん、羽佐間道夫さん、森田順平さん、雨蘭咲木子さん、牛山茂さん、三木眞一郎さん、多田野曜平さん、田中美央さん(会いたかったんだあ、「おんな城主直虎」の六左)、丸山壮史さん(『ファウンダー』のマクドナルド氏)、などなど・・・このメンツが(出演シーンの都合で出入りはありましたが)一堂に集まって、一日でサクッと収録! これぞテレビふきカエだ!

平成オールスター声優陣の気合いたっぷりの熱演、『ファウンダー』から連投の高橋剛ディレクターの切れ味鋭い演出で、オリジナルを超えた、興奮度マシマシのふきカエに仕上がりました!
録画して繰り返し観たくなること必至ですが、まずはリアルタイムでご視聴くださいね。テレビふきカエの未来のために。

ダークボのふきカエ偏愛録

なお、BSテレ東「シネマクラッシュ」で、翌週3月13日(水)夜6時55分から放送するのは、オールスター戦争巨編『遠すぎた橋』

こちらは日本テレビ「水曜ロードショー」版、つまり昭和のオールスターふきカエ(ディレクターは『パトリオット』『タイタニック』の小林守夫さんですね)でお送りします。
2週連続で声が聴ける羽佐間道夫さん、やっぱレジェンドですなあ。

==============================

『ウォンテッド』スタッフ・キャストの皆様よりのコメントはこちら

 

[作品画像はAmazon.co.jpより]
※Amazonのページで紹介しているDVD・ブルーレイ等のソフトは、日本語吹替え音声を収録していなかったり、このページで紹介しているものとは異なるバージョンの日本語吹替え音声を収録している場合や既に廃盤となっている場合もありますので、ご購入等の際はご注意ください。