review_hasegawa_topbanner

皆様、今年の夏を無事生き延びましたか? 太陽さん、ギラギラ過ぎでしょう…。本当に命の危険にかかわる暑さでした。そして、日本各地での豪雨災害。被災者の皆様、本当に大変な日々をお過ごしのことと思います。皆様が早く元気になりますように…願うばかりです。

ザ・コア [DVD]
最近の自然災害もこの影響なのでしょうか…。今月1作目にご紹介しますのは、2003年に公開されたジョン・アミエル監督作品、

『ザ・コア』

です。
ある日の午前、ボストンでのペースメーカー使用者数十名の突然死を皮切りに、動物の異常行動、制御不能に陥るスペースシャトル、スーパーストームの発生など不可解な事件が多発し、地上は大混乱。調査を行った、シカゴ大学教授ジョシュ・キーズ博士(アーロン・エッカート)とコンラッド・ジムスキー博士(スタンリー・トゥッチ)は、“これらは地球の核(コア)の回転が停止し、磁場が不安定になったからだ”と解明する。そして、“このままだと磁場が消失し、太陽風にさらされ、1年後には地球は滅亡する”と結論を出す。そのコアの再始動をすべく、世界中から集めたスペシャルチームが結成された。キーズ博士、ジムスキー博士を筆頭に、ブラズルトン博士(デルロイ・リンドー)、チャイルズ少佐(ヒラリー・スワンク)、レベック博士(チェッキー・カリョ)、アイバーソン船長(ブルース・グリーンウッド)の6名で、地球の運命と人類の生命を守るため、地下約3200kmへと潜航する命を懸けた大作戦を展開する。ふきカエは、ジョシュ・キーズ博士を大塚芳忠さん、チャイルズ少佐を魏涼子さん、ブラズルトン博士を島香裕さん、ジムスキー博士を谷昌樹さん、レベック博士を土師孝也さん、アイバーソン船長を金尾哲夫さんが、ハラハラドキドキのストーリーを圧巻の演技で魅せてくださいます。
 

マンマ・ミーア![AmazonDVDコレクション]
続きまして、こちらは打って変わって賑やかな作品。8/24(金)に続編である『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』が公開されたばかりの、前作となる2008年公開、フィリダ・ロイド監督作品

『マンマ・ミーア!』

をご紹介します。
世界的に大ヒットしたスウェーデン出身のポップグループABBAの曲をベースに、1999年ウェスト・エンド、2001年ブロードウェイで上演されたミュージカル「マンマ・ミーア!」を映画化したものです。私長谷川も、ブロードウェイでミュージカルを観ました。全曲知っていたので、それはもうサイコーに楽しい時間でした。
舞台はギリシャ・エーゲ海の島にあるホテル。そのホテルのオーナーであるドナ (メリル・ストリープ)と娘ソフィ(アマンダ・セイフライド)は、仲良く2人で暮らしていた。ソフィの結婚式が明日に迫り、島にはぞくぞくと招待客が到着。その中には、ドナの友人ロージー(ジュリー・ウォルターズ)やターニャ(クリスティーン・バランスキー)、そして、サム(ピアース・ブロスナン)、ハリー(コリン・ファース)、ビル(ステラン・スカルスガルド)という3人の男性の姿が…。彼らは、ドナの日記を盗み読みし、なんと3人の父親候補がいることを知ってしまったソフィによって、ドナの名前で招待されていたのである。そりゃみんなパニックです。ふきカエは、ドナを一柳みるさん、ソフィを小島幸子さん、ロージーを一龍齋貞友さん、ターニャを野村須磨子さん、サムを田中秀幸さん、ハリーを木下浩之さん、ビルを福田信昭さんと、まあよだれが出てしまうくらいの豪華なキャストが、ABBAの名曲とともに皆様を美しいエーゲ海の旅へご招待します。是非、ご一緒に元気に歌って踊りましょう!!そして『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』も続けてお楽しみください。
 

[作品画像はAmazon.co.jpより]
※発売メーカー、およびAmazonのページで紹介しているビデオテープ・DVD・ブルーレイ等のソフトは、日本語吹替え音声を収録していなかったり、このページで紹介しているものとは異なるバージョンの日本語吹替え音声を収録している場合もありますので、ご購入等の際はご注意ください。